住宅防音工事

住宅防音工事とは

国が100%助成する住宅防音工事

住宅防音工事とは、航空機などによる騒音を防止または軽減するために、
飛行場周辺の住宅の防音性能を向上させるリフォームのことで、
国が示した一定の区域にある住宅の所有者または居住者を対象として、
原則として工事費用の100%が助成されます。
また、工事内容により「第Ⅰ工法」・「第Ⅱ工法」の2つがあります。

住宅防音工事で重要な2つのポイント

防音材の性能・厚さを変更

第Ⅰ工法では、在来の壁・天井に吸音効果のあるグラスウールを敷設。高性能な防音壁・防音天井に改造します。第Ⅱ工法では必要に応じて遮音工事等を実施します。

×

開口部の隙間を無くす

ドアやサッシ、エアコンのダクト孔を気密性の高い防音仕様のものに変更。音の通り道となる隙間をなくし、防音性・遮音性を高めます。

「第Ⅰ工法」・「第Ⅱ工法」の2つの区分

区 分 第Ⅰ工法 第Ⅱ工法
施工対象区域 80WECPNL 以上の第一種区域 75以上80WECPNL 未満の第一種区域
計画防音量 25dB以上 20dB以上
天 井 在来天井を撤去し防音天井に改造 原則として在来のまま。
ただし、著しく防音上有害な亀裂、
隙間等がある場合は、有効な遮音工事を実施
在来壁を撤去し防音壁に改造
外部開口部 防音サッシ(第Ⅰ工法用)の取付 防音サッシ(第Ⅱ工法用)の取付
内部開口部 防音建具(襖・ガラス戸等)の取付
原則として在来のまま
空気調和設備 換気扇及び冷暖房機等の設置(冷暖房機は、第Ⅰ工法の場合最大4台、第Ⅱ工法の場合最大2台まで)
その他 防音工事に伴う必要な工事

防音工事の5つの特徴

佐藤住建の強み・できること

1面倒な各種手続きを代行します

住宅防音工事の補助金を申請するには、さまざまな事務手続きや国や関係業者との連絡調整が必要となり、専門知識を要することが多く、一般の方にはわかりづらいため、専門知識をもった私たちが責任をもって代行いたします。

2「住みながら工事」が可能です

実は「仮住まい」には負担がつきものです。大がかりな引越が必要となったり、不便な遠方の物件しか空いてないことも。確かに「住みながら工事」には騒音の心配はあります。しかし、実際に工事を行う時間帯はお仕事や学校でお客様が不在にされることの多い日中のみ。これらを総合的に判断し、私たちは「仮住まい」へ引っ越すよりも「住みながら」工事していくことをおすすめしています。

3大変な家具移動を代行します

家具等の移動が必要な場合も私たちにお任せください。大きな荷物だけでなく、小さな荷物(食器棚の中の食器など)でもご自身で整理をしていただければ、移動から元の位置に戻す作業まで、私たちが責任をもって代行いたします。また工事中の荷物のお預かりも行っておりますのでご相談ください。

4効果的なリフォーム提案

住宅防音工事と併せて、デザインや間取りのリフォームプランもご提案することが可能です。ご希望いただければ、2つの工事を一括して行うことによって、工事中のわずらわしさを一度で済ませられ、補助金制度も効果的に活用しながら住まいの再生ができます。

施工例(サッシ取替え)

施工例(断熱材充填・クロス張り替え)

防音工事の流れ

01

希望届の提出

所定の希望届に必要事項を記入していただき、防衛庁に提出します。
申請手続きは、私たちが代行いたします。

02

対象世帯の確認

お客様が工事の対象世帯に指定されているか確認します。
対象外の場合、工事助成金は受けられません。

03

交付申込書の配布

希望者に対し、国から交付申込書が配布されます。
申込み状況によってはしばらく待たされる場合があります。

04

交付申込書の提出

記入し終われば、国に申込書を提出します。
記入時に分からないことがあれば、何でもご相談ください。

05

現地調査

申込内容を確認させていただくと、
現地調査をして具体的なリフォームの打ち合わせを行います。

06

補助金の交付決定

申請内容を審査した上で、
国からお客様に対して交付決定が行われます。

07

工事

いよいよ工事がスター卜。弊社自慢の腕の確かな大工が、
こまやかに配慮をしながら高精度な工事を進めます。

08

工事完了検査の立ち会い

工事が完了すると、お客様の立ち会いのもとで完了検査を行います。
不明点や不安ががあれば何でもお申し付けください。

09

請求書の提出

工事完了後、
補助金の請求書を弊社から提出いたします。

10

補助金の支払い

国から補助金をお支払いすると、すべての工程が終了です。
工事終了後も、末永くお客様の暮らしを見守り続けます。